インターナショナル・サマースクールについて


     2016年に開催する正派邦楽会インターナショナル・サマースクールは、日本の伝統楽器に関する授業を英語で提供する日本で数少ない教育プログラムです。毎夏実施する集中プログラムを2016年8月に始動し、2017年以降も、実施結果を踏まえて、継続を積極的に行う意向でおります。2016年のサマー・プログラムは8月8日(月)から8月14日(日)の一週間にわたって行われます。
     授業内容は、尺八、箏、地歌三弦を中心とする伝統的な邦楽に焦点を当てます。これら三種類の楽器のグループレッスンは、初級と中級レベルに分かれて午前中に90分ずつ行われます。午後のレッスンは、楽器の個人レッスン(30分ずつ)と三曲合奏のレッスン(90分)で構成されています。フルタイムの生徒はプログラム期間中、好きなだけグループレッスンを受けることができます。柔軟にスケジュールを組みたい生徒は、自分で選んだレッスンだけを受けることもできます。プログラムの締めくくりは、日曜午後に行われる生徒のコンサートです。このコンサートでは三曲の古典演目のほか、唯是震一による作品も演奏されます。